自己破産と任意売却と競売

border
任意売却と競売の用語の説明

任意売却は自己破産の前が良いの後が良いの?

自己破産の前に任意売却の方が断然有利

任意売却で不動産を先に処分した方が、何かと有利です。
破産手続き前に任意売却で不動産を売却をしてしまうと、資産はなくなりますから、同時破産になる可能性が大きくなります。 そうなると自己破産手続き 費用は3万で済みます。 お金が必要な時期の3万円と20万円〜50万円の差は大きいでしょう。(弁護士・司法書士等の代理人報酬は別途)
それに加え、資産の換価処分がいりませんから、破産手続きは簡略化され破産免責までの期間も大幅に短くなります。

反面、自己破産を先にすると、期限の利益を失うということでもありますので失うと即、任意売却に着手できるという、小さな小さなメリットが有ります。


1> 自己破産をした場合、任意売却にする意義は有るの?

画像文章の盗用は止めてネ! 自己破産をした場合、任意売却にする意義は有るの?

2> 競売よりは金銭的にチョットだけ有利になります!

盗作は止めてくだされ! 競売よりはチョットだけ有利になります!

3> 引越の時期なども柔軟に対応してもらえますよ!

ここに広告を出校しませんか? 競売よりは金銭的にチョットだけ有利になります!

4> 自己破産後は任意売却か競売かの二者択一です!

スペースエイジェント 自己破産後は任意売却か競売かの二者択一です!


ブラックリスト

ブラックリストとは、各信用情報機関に登録されている事故情報をいいます。
信用情報機関とは、消費者金融などの円滑化を図るために銀行協会、消費者金融専業者等が運営している情報機関です。  代表的なものとして、銀行、信用金庫、信用組合などが会員となっている全国銀行個人信用情報センター、消費者金融専業者が会員となっている日本情報センター、信販会社、家電・自動車メーカー系クレジット会社などが会員のシー・アイ・シーなどがあります。  また、各信用情報機関は、CRIN(クリン)システムにより現在、事故情報について相互利用を実施しています。 なお、情報の登録期間は各機関によって多少異なりますが、延滞などの事故情報については、事実発生後5年間、自己破産に関する情報については、宣告日から10年を超えない期間になります。


任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト内メニュー

競売とは
任意売却とは
任意売却の流れ
連帯保証人/連帯債務者
親子間の任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
任意売却業者選定は経験で
前のページに戻る

注意事項・リンク

サイト利用に際しての注意事項
個人情報お取り扱いに関し
協賛企業様リスト
協力不動産会社サイトのリスト
不動産会社のリンク
任意売却・競売関連のリンク
リンクに関しまして

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売のデメリット
競売とは
競売にかかると
競売の知らせ
競売

space_adjust bottom