明渡訴訟

border
任意売却と競売の用語の説明

任意売却/競売の用語の解説 - 明け渡し訴訟

明渡訴訟

明渡訴訟とは

物件の所有者が占有者に対し、「当該不動産を明渡せ」という判決を裁判所に求めるものです。 物件の占有者が明渡しに応じない場合で、 引渡命令が出ない場合には、明渡訴訟を提起する手法を講じなければなりません。
例えば、平成8年8月31日以前の競売申立ての場合で使用借権が成立している場合、短期貸借権の期限が経過した場合等です。  この場合は引渡命令が出ませんので、明渡訴訟を提起することになります。
一般的に引渡命令よりも時間・費用の面において買受人の負担が重いですから、できるだけ明渡訴訟を提起しないほうが賢明です。

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom