遅延損害金

遅延損害金

border
遅延損害金

任意売却/競売の用語の解説 - 遅延損害金

遅延損害金

遅延損害金とは
支払い期限に遅延した場合に、返済されなかったことにより、相手方に対し損害賠償として支払わなくてはならない金利のことです。 当事者間で 定めなかった場合には商事法定利率の年6%で計算し、定めていた場合でも14.6%を超える部分は消費者契約法で無効とされています。

金銭貸借契約を結ぶ際の契約項目には必ず「返済期日」があります。
この返済期日の約束を守らなかった場合、借主の義務を果たせなかったとして『債務不履行』となり、損害賠償を負うことになります。 借金返済で債務不履行があった場合の損害賠償のことを一般的に『遅延損害金』とよんでいます。
利息制限法による遅延損害金の上限 :
■借金が10万円未満の場合
     年率 20% x 1.46 = 29.2%
■借金が10万円以上100万円未満の場合
     年率 18% x 1.46 = 26.28%
■借金が100万円以上の場合
     年率 15% x 1.46 = 21.9%
通常、遅延損害金は「約低金利の○○倍の遅延損害金を支払う」と定められます。
利息制限法は、利息と同様に遅延損害金にも制限を設けており、制限利率の1.46倍までとしています。 これを超える遅延損害金の定めは、超える部分については無効となります。

遅延損害金の計算方法 :
遅延損害金 = 借入残高 x 0.292 ÷ 365日 x 遅れた日数
遅延損害金 = 借入残高 x 0.263 ÷ 365日 x 遅れた日数
遅延損害金 = 借入残高 x 0.219 ÷ 365日 x 遅れた日数
例えば、2,000万円のローンが残っていると仮定します。
そして、30日間滞納したとします。 これらの条件をを上記の計算式当てはめると滞納1ヵ月で約36万円もの遅延損害金が発生してしまいます。

さて、何が言いたいのかともうしますと。
任意売却後の引越代についてです。
例えば、債権者より引越代を50万円を認めてもらえたとします。
そして、依頼された不動産物件の販売を行っているのですが、この依頼主様が販売に協力をしてくださらないのです。 物件に興味を持ってくれて中を見せて欲しいというリクエストが全然叶えられないのです。 『今週の週末はダメ。 来週もダメ。 3週間後にして欲しい。』こんな感じでことごとく購入希望者の方々を潰されてしまいます。
物件が売れなければ、返済時期も後にずれる事になるわけですので、当然、売れて決済が済むまでの遅延損害金が発生します。

ご本人が損害金をお支払いできないのであれば、当然、債権者は引越代からその損害金を穴埋めして来ます。

任意売却後の引越代の為にも、物件の販売にはご協力をされた方がよろしいかと考えます。

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom