任意売却後の引越代

任意売却と引越代

border
任意売却後の引越代

任意売却/競売の用語の解説 - 任意売却の引越代

任意売却の引越代

任意売却の引越代とは
任意売却でお住まいを処分した場合、「引越代」が出る事が多いです。 しかし競売の場合は裁判所からの強制処分のため、自費でのお引越しとなります。

任意売却業者さんの多くは任意売却は引越代が必ず貰える的な説明をしておりますが、引越代は必ずもらえるとは限りません。 引越代は、あくまでも債権者側の 好意の賜と考えたほうが良いでしょう。 とは、言うものの、債権者の多くは引越代を出してくれているのが現状でもあります。
任意売却業者さんのホームページで多くが『引越代がもらえる場合がある』というあいまいな表現になっております。 ”もらえる場合がある”、と、”もらえます” という意味は全く違うということを認識しておいてください。

引越代 ”100万円” というのは近年はまず無いとお考えください。
引越代100万円などどうたっている任意売却業者さんは誇大宣伝をしている疑い有りです。
過去の事例を誇張し過ぎ!
現在には通用しない、2007年5月以前の事例を引用し過ぎの業者さんが多数見受けられます。 以前は、引越代+残置物処理費用ということで 100万円越えという例は確かに有ったそうです。 しかし、それらは過去のお話です。 例えば、住宅金融支援機構では2007年5月以降、極力お引越代 は出さない方針に切り替わっており、他の金融機関もそれに追従しております。

引越代は5万円 〜 30万円前後と考えた方がよいでしょう!

任意売却後、引っ越さないで住み続けることは可能です!
さまざまな条件をクリアーしなくてはなりませんが、身近な知人や第三者(例えば、任意売却業者さんから紹介される不動産会社など)に物件を購入してもらい、その 新たな所有者と賃貸契約を締結する事で可能となります(当然、賃料をしはらうことになるかとはおもいますが)。

また多くの任意売却業者さんには投資会社、個人投資家さん等の登録がされております。 その投資家の方々の援助も得られるかもしれません。 ただし、 この場合、それまでお支払いしていた住宅ローンの額よりも大きな額になることが多いようです。

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom