期限の利益の喪失

期限の利益

border
期限の利益・期限の利益の喪失

任意売却/競売の用語の解説 - 期限の利益

期限の利益と期限の利益の喪失(民法136条)

期限の利益とは

期限の利益とは、期限が付されていることによって、当事者が受ける利益のことです。
期限の利益とは、『支払期日前の請求を拒否出来る』, 『分割での支払を要求出来る』, 『保証人へ請求しないよう要求し保証人を保護する権利がある』。  言い方を変えて言えば『決められた支払日までは支払わなくても良い』, 『分割払いで支払うことができる』, 『保証人へは請求できない』となります。

期限の利益の喪失(権利を失うこと)と、『残っている借金またはローンの全額一括返済を求められる』。 保証人がいる場合、借主本人が延滞や債務整理、自己破産等すると 当然のことながら保証人へ残額一括払いの請求が行くことになります。
通常、契約条項には『期限の利益を喪失した場合は残金を全額一括払いする』との条項が明記されております。 従って期限の利益を喪失すると残金全額一括返済の請求が 来る事になります。

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom