連帯債務者

連帯債務者

border
連帯債務者

連帯債務者

連帯債務者

連帯債務者とは
債務者
債務者とは、簡単に言えば、お金を借りた「本人」です。 借りたお金の返済責任があります。

連帯債務者
複数の人(夫婦・親子など)が共同して借り入れる場合に「両方とも本人」ということになります。 両方が、借り入れた全額の返済をする責任を持ちます。  債権者は、連帯債務者の中の1人、または数人、または全員に対して返済を請求することができます。

保証人
債務者が返済できないときに、債務者に変わって返済する義務を負います。 「債務者が返済できないときに」ですので、債務者が返済可能で あるときは、先ず、債務者から返済を受けるように言い返すことができます(このことを催告の抗弁権と言います)。

連帯保証人
保証人との違いは、「債務者が返済できないとき」に限らず、債権者の請求があったときは返済の義務がある点です。 例えば、返済能力はあってもなかなか 支払わない債務者に対して、債権者は連帯保証人に請求することができます。 極端に言えば1日でも返済が遅れれば、請求される場合があり、債務者と ほぼ同じ扱いです。 「催告の抗弁権」は連帯保証人には有りません。

連帯債務者とは、連帯保証人の大きな違いは連帯債務者は保証人ではなく「債務者」本人だということです。

連帯債務者は、離婚したことによって連帯債務関係は逃れられません。 離婚しようが、その住宅ローンは連帯債務者である本人が借りたものだからです。 もう その家には住んでいないからというような理由は法的に通じません。 連帯債務を抜けるチャンスはほとんど有りません。 しかし、連帯債務から抜けることが出来る ことの出来る微かなチャンスの一つに住宅ローンの借り換えが有ります。 ローンの借り換えはは新規契約となるため、連帯債務を抜ける絶妙のチャンスとなります。

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom