民法95条・錯誤

錯誤

border
民法第95条・錯誤

任意売却/競売の用語の解説 - 民法95条・錯誤

錯誤

民法第95条の錯誤
そのつもりがないのに不注意で契約すること。 Aさんが、●●土地を売るつもりだったのですが不注意で、売るつもりの無い、▲▲土地 について売買契約してしまった場合に要素の錯誤の例が適用されます。

要素の錯誤とは、わざとではなく ”不注意” でしたので表意者(錯誤した人)の保護が優先され、契約は無効になります。 ただし、 全てのケースまで保護するのは妥当でないことから、表意者に重大な過失が有った場合には、表意者自身が無効を主張できないようになっています。

錯誤の例として非常に分かり易く解説してくれているサイトがありますので参照をしてください。
有限会社 千波(ちなみ)さんのページの ”錯誤”

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom