督促書

督促状

border
督促状

任意売却/競売の用語の解説 - 督促状・督促状

督促状 - 督促書

督促状とは
先ず、最初に督促とは何か? 督促とは、債務の弁済を促す行為を意味します。 広い意味では「口頭による督促」や 「書状による督促」、そして「裁判所を 介して行う支払命令や調停および訴訟」などもこれに含まれます。

「書状による督促」のことを「督促状」とよびます。
「簡易裁判所を通じて行う支払命令」(民事訴訟法上「督促手続」と呼んでいます)。

どういう場合に督促状を出すのか?
督促の目的は弁済を促すことの他、期限の利益を喪失させたり、時効を中断させたりと様々な状況で用いられます。
例えば、弁済を促す必要が生じる場合、「確定期限付の債務」であれば、その期限が到来していることが前提となるでしょう(「不確定期限付の債務」で あれば、その督促状の送達により期限が到来することになります。)
例えば、一般的には、任意による弁済の見込が薄く、そのまま放置して置くと延滞が続くことが予想され、そして口頭による督促に応じない場合に督促状 を出します。
また、あらかじめ約定書・契約書において、一定の事由が生じたときに債権者からの請求通知を要件として債務全体が期限の利益を喪失する旨、規定 されている場合が有ります。 この場合、債権者は債権全額について相殺や差押を可能にする為、債務者に対して督促状(請求)を出し、期限の利益を 喪失させます。

督促状による督促は、裁判外の請求とされ、支払命令や訴訟の提起は裁判上の請求とされます。
債権の時効消滅(商事債権なら5年)が迫ったときに、こうした手段によって時効中断が図られる場合が有ります。 ただし、裁判外の請求に過ぎな い「督促状」による督促は、6ヶ月内に裁判上の請求をしなければその中断の効力は失われます(民法15 3粂)。

法的拘束力を持つ督促状とは!
簡易裁判所に対し「支払督促」の申立てます。
申立書の記載事項は、1.代金の支払を命じる旨、2.請求の趣旨及び原因、3.当事者の氏名。
さらに、直ぐにに強制執行ができるよう「仮執行宣言を求める」旨を付記しておく。 そうすれば、債務者が、支払督促の送達を受けた日から2週間以内に 異議の申立てをしなければ、強制執行をすることが可能となります。 2週間以内に意義の申立がなされない場合、請求している人は30日以内に 「仮執行宣言」の申立てができます。
仮執行宣言申立てをすると、その内容が裁判所で審査され、仮執行宣言付の支払督促が送達されます。

そして、申し立てられた側は、これに対して2週間以内に異議申立てをしないとこの支払督促が確定して、判決と同じ効力をもって強制執行されます。

督促状を送り着けられた側、仮執行宣言申立をされた際に、何もしないで放っておくと裁判に負けて支払義務が確定し強制執行までされることになります。 ですので、裁判所から支払い督促が来た場合は必ず異議申立てをします。 異議申立てをすると通常の訴訟に移行して裁判になります。 裁判になれば、架空請求業者は出てきません。

PCメールおよび携帯メールでの督促はあり得ませんから!

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom