競売手続きの取り消し

競売手続きの取り消し

border
競売手続きの取り消し

任意売却/競売の用語の解説 - 競売手続きの取り消し

競売手続きの取り消し

競売手続きの取り消しとは
申し立てられた側からの取り下げ:
債務者の申立てによる競売手続の停止(民法第39条)
債務者は執行停止文書を裁判所に提出して、競売手続の停止を求めることができます。 執行裁判所がこれを認めると、競売の手続は取消されます。

競売での売却が困難である場合の競売手続の停止(民法第68条の3)
執行裁判所は、入札又は競売による売却を3回実施させても買受けの申出が無かった場合において、 今後更に売却を実施させても売却の見込がない と認めるときは、 競売の手続を停止することができます。 さらに必要な手続きを経て、競売手続は取消されます。

申し立てた側からみた取り下げ:
申立債権者は開始決定がされた後でも、売却が実施されて売却代金が納付されるまでは、いつでも申立てを取り下げる ことができます。 ただし、売却が実施されて、執行官による最高価買受申出人の決定がされた後の取下げについては、原則として最高価買受申出人又は 買受人及び次順位買受申出人の同意を必要とする。 従って、確実に取り下げるためには、申立債権者は、開札期日の前日までに執行裁判所に対し 取下書を提出する必要がある。 買受人が代金を納付した後は、申立ての取下げはできない。 申立てを取り下げるためには、事件番号、当事者、 目的不動産を記載し、申立てを取り下げる旨を明言した書面(取下書)を執行裁判所受付窓口に提出しなければならない。 取下書は、裁判所提 出用正本に加え、債務者・所有者の数分の副本を提出し、その真正を担保するため申立時に使用した印鑑を押印。 印鑑が異なる場合は、印鑑証明 書を添付する必要がある。

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom