競売の取下げ

競売の取下げ

border
競売の取下げ

任意売却/競売の用語の解説 - 競売の取下げ

競売の取下げ

競売の取下げとは
債務者の申立てによる競売手続の停止(民法第39条) 債務者は執行停止文書を裁判所に提出して、競売手続の停止を求めることができます。 執行裁判所がこれを認めると、競売の手続は取消されます。
それ以外の方法では競売を申し立てられた側からの取下げは出来ません!
普通は、債権者と債務者との話し合いをし、話し合いが円満にまとまれば競売を取り下げてくれます。
競売申立債権者は、いつでも競売申立てを取下げることができます。 しかし最高価買受申出人(および次順位買受申出人が存在する場合には、 さらにこの者) が決められた後に取下げをする場合には、この者の同意を得ることが必要となります。 (民事執行法第76条1項)

入札期日に、誰かが入札すると、競売 の取下げは簡単ではありません。 買受申出人が出た後の取下げには、その買い受け人の同意がないといけません 。 さらに、買受人が代金を納付すると、取下げできません。
しかし、売却許可決定確定前なら、執行抗告を提出し(民事執行法72条)、確定を止め、競売申立人に競売申立を取下げてもらう方法も有ります。
しかし、買受人の同意が必要ですので、買受人の主張する金を支払う必要があります。 執行抗告は売却許可決定から1週間以内に提出する必要 があります(民事執行法10条2項)。
買受人が代金納付後はその不動産を買戻しするしかありません。 やはり、相当のお金をプラスしないと、買戻しは難しいでしょう。

競売業者さん、不動産業者の中には競売取り下げの資金の融資をしてくれ、そして競売の取下げの交渉を行っている場合も有るようですが、借りたお金 は当然のことながら返済をしないといけません。 借りたお金が返済できないから競売になったのです。 競売は取り下げることが出来たのはよいのですが、 以前よりも多くの借金を返済していかなければならなくなって、やって行けるのか否か、ジックリと考えて行動を!

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom