登記簿謄本

登記簿謄本

border
登記簿謄本

任意売却/競売の用語の解説 - 登記簿謄本

登記簿謄本

登記簿謄本とは
登記簿とは;
権利の取得、喪失及び変更などの関係事実の状況を示し、その登記事項を記載するための公の帳簿のこと。 不動産登記簿、船舶登記簿、商業登記簿があります。 不動産登記簿には土地登記簿と建物登記簿の2種類があり、土地は一筆ごとに、建物は一棟ごとにそれぞれ記載されています。

謄本とは;
原本をそのまま写した文書のこと。【参考: 三省堂・ デイリーコンサイス国語辞典】

従って、登記簿謄本とは、登記簿のコピーのこと。 法務局で交付され、末尾に登記官が記名捺印することで、その内容が正しいことが証明され ています。 法務局(登記所)での取得のほか、郵送してもらったり、インターネットでの閲覧もできます。

登記事務をコンピュータで処理している法務局では、登録された内容をプリントし、法務局の記名捺印がされたものが交付されます。 この場合は「謄本」で は無いので、「登記簿謄本」とは呼ばず「登記事項証明書」等の名称で取り扱われています。 有効期限は法務局では定めていないので、法的には有効 期限というものはありませんが、提出先などで有効期限を定めている場合があるので、確認が必要となります。

現在、多くの不動産業者さんは、インターネット登記情報提供サービスを 利用しております。 このインターネット登記簿情報サービスを有料で提供している業者さんも有ります。 お急ぎであればこれらサービスを提供している業者さんを利用してみてはいかがでしょう。

法務局のホームページ

土地を数えるのに ”一筆(いっぴつ)” という単語が出てきます。 この一筆とは、太閤検地のときに、検地帳に一行(当時は一筆と 言った)で一枚の田畑を記載したことから一筆の土地と呼ばれるようになったそうです。 以来、一枚の登記用紙に表示されている1個の土地を言います。

あ行に属する単語/用語


か行に属する単語/用語


さ行に属する単語/用語


た行に属する単語/用語


な行に属する用語


は行に属する用語


ま行に属する用語


や行に属する用語


ら行に属する用語


わ行とA 〜 B・数字に属する用語



任意売却・競売に関係する機関

サービサー一覧
個人信用情報機関
日本弁護士連合会
日本司法書士連合会
司法書士事務所.jp
全日本不動産協会
全国宅地建物取引業協会連合会
財産評価基準書・路線価
BIT 不動産競売物件情報サイト
不動産総合情報サイト at home
都道府県のウエブページ
前のページに戻る

任意売却/競売サイト・メニュー

競売とは
任意売却とは
連帯保証人
親子間任意売却
自己破産後の任意売却
競売後の残債務
管理費の滞納
前のページに戻る

任意売却競売用語集

任意売却と競売のリンク

競売
競売
競売
競売

space_adjust bottom